初めての技能教習

スポンサーリンク

誰にでも初めては沢山ありますが

自動車を運転する初めてはかなり緊張しちゃうって方がいます

特にMT車と言われるミッション車は動かすだけでも難しく不安な表情の教習生さんが多いです

AT車と言われる オートマティック車はマリオカートのように最初から上手に動かせる方もいらっしゃいます

不安そうな教習生の方に毎回言っていますが

沢山失敗してください

なるべくなら 同じ失敗はしないように頑張って欲しいですが 初めての失敗は沢山してください

万が一の時に補助ブレーキを踏むために我々指導員が助手席に居ますし

失敗した後 何故失敗したのかを考え

次はこうしてみよう!

こう思って頂くことが自動車を動かす事を早く覚えてもらうコツです

座席(シートポジション)の合わせ方

スポンサーリンク

AT車を初めて動かしてみる

AT車はドライブレンジに入れればブレーキを離すだけで動かすことができるので

早速ハンドルをどの程度回せば 自動車がどのように曲がるのか経験できますし

初めてのブレーキは 強すぎて急ブレーキになることも多いですがそれで良いと思っています

如何にして優しいブレーキを心がけるとしても 一度失敗を経験しておいて欲しいです

脱輪(コースからタイヤがはみ出ること)しても復帰できる様に設計されているのが教習所のコースなので 安心して沢山失敗してください

次の教習 ブレーキの練習へジャンプ

ブレーキやハンドル操作に慣れましょう

MT車を初めて動かしてみる

ミッション車やマニュアル車と呼ばれるMT車は 動かすだけでも最初は難しく感じることが多いと思います

左足で操作する クラッチ がやはり難しく 最初苦労する教習生が多いように見受けられます

このクラッチですが 簡単に説明すると エンジンとタイヤを繋いだり離したりする装置だと思って頂けば解りやすいいかな

タイヤが止まっているのに クラッチを上げて(離して)しまうと

回転しているエンジンが 止まったタイヤを動かせず そのままエンジンが止まります

これをエンストって言います

タイヤが止まってるとき(自動車が止まってる時)はこのクラッチを丁寧にエンジンの回転をタイヤに伝えて 少しずつタイヤが動くように擦るイメージでクラッチを上げて(離して)いきましょう

まさに沢山失敗するべきところです

発進(止まった状態から動かし始め)は特に難しく エンジンがタイヤを回転させることが出来ずにエンジンが止まってしまうエンストを防ぐために アクセル(一番右にあるエンジンの回転数を上げるペダル)を多少踏んで エンジンの回転数を上げた状態でクラッチ(エンジンとタイヤを繋いだり離したりする装置)を上げて(繋いで)いきましょう

この時  一気にクラッチを上げずに少しずつタイヤが回りだすかどうかのギリギリの状態で止めることで少しずつタイヤが回りだします

タイヤが回りだし自動車が動き出したら クラッチを完全に離してしまって大丈夫です

これで1速(ロー)での発進完了! しかしすぐに2速へのシフトチェンジです

2速(セカンド)や3速(サード)のギアチェンジはアクセルは無くても大丈夫 アクセル無いほうがクラッチを離しやすくアクセル無しがおススメだったりします

特に自動車が速度そこそこに出て順調に走っているときは半クラッチ(クラッチを少し上げてタイヤとエンジンを少し繋いでいる状態)を飛ばして 一気にクラッチを上げて繋いでしまうのが良いよ

初めてのハンドル操作 ←クリックでジャンプします

自動車って楽しい!

初めて自動車にのって教習したときに 一番大切にしていることは 教習生さんに

自動車を運転するって楽しい!

って思って貰えるように教習することに全力を注いでいます 長く続く教習が嫌なものだと思って欲しくなくて 楽しく教習して欲しいし自動車を運転することの楽しさを知って欲しいです