学科教習

スポンサーリンク

学校での授業のように教室で沢山の教習生さんと一緒に学科を習うことになります 最近ではコロナの影響でリモートでの学科も増えているようです

初めての学科教習 ルールで決まっていて 学科は先行学科1(学科1番)だけは最初に習わないとダメだと決まっています

学科教習は1番の先行学科以外は番号無視で一段階のものならドンドン受けていきましょう

学科は仮免許を取るための試験 仮免学科試験を合格することを目標に勉強していただきますが仮免前効果測定という 学科試験の練習問題をまずは合格していただくことになります

学科試験対策 ←クリックでジャンプします

学科の問題を二択の〇か✖かで答える試験で50問中45問以上とれると試験は合格

効果測定は45問以上を二回以上とれることが目安です

実際は二択ですので40問しかわからなくても残り10問のうち半分くらいは正解してしまうため45問正解 正答率90%以上はクリアできます

信号に従うこと ←クリックで信号に従うことにジャンプします

子供の頃に習った信号の意味とは 大人になった今は違うのをしっかり学んでね

標識、標示などにしたがうこと ←クリックでにジャンプします

沢山の種類がある標識について知ってもらうことと 警察官の指示の方が優先されることなど 大切なことが沢山です

車が通るところとダメなところ ←クリックでにジャンプします

車道が自動車の走るところで 中央線の左側を走らなければならないことを学んでください

緊急自動車の優先 ←クリックでにジャンプします

救急車には一分一秒を争っている患者が乗っています その人は誰かにとってとても大切な人であること知って欲しい大切な項目です

交差点の通行と踏切 ←クリックでにジャンプ 

一番事故の起こる場所である交差点のお話です 進路変更と合わせてしっかりと知って欲しい内容が盛りだくさんです

安全な速度と車間距離 にジャンプします

スピードは出しすぎると安全に運転できなくなります 速度を守る大切さや前車との距離が近いと危ないことをしっかりと理解して欲しいです

歩行者の保護 にジャンプします

歩行者のそばを通過するときの安全な間隔とは何メートル何センチでしょうか? 絶対に事故にならないように 恐い自動車だと思われないように通行出来るようになりましょう

安全の確認と合図 警音器の使用 にジャンプ

自動車には死角といわれる見えない部分が沢山あります 見えない部分に子供がいたら?猫ちゃんがいるかも? 

運転中も左折したいけど原付が左後方にいたら事故になってしまいます 事故を防ぐ為にしっかり確認できる人になってください 合図の大切さも解説しています

進路変更など にジャンプします

目的地まで自宅からまっすぐ道路がつながっていることはありません ほとんどの場合、自宅から何度か右左折して国道に出て目的地付近までまっすぐ向かい 目的地付近で何度か右左折して到着することになります

右左折や右左折前の寄せる行為が進路変更になります 技能教習でも何度も練習することになりますのでしっかり理解してください

追い越し にジャンプします

追い越しは凄く危険な行為です 免許取得後もおこなって欲しくありませんが追い越しされたときの対処法は絶対に知って欲しいです 追い越しにメリットは少なくデメリットは凄く多いことも合わせて知ってください

行き違い にジャンプします

狭い道路で対向車とすれ違うのは恐いです 自転車や歩行者もいるかもしれませんので安全な間隔と速度で通行できるように

運転免許制度 交通反則通告制度

運転免許のこと仮免許取得前に知ってね

オートマチック車などの運転

今は主流のAT車について知って欲しいこと