運転のコツ

学科教習

chat gpt に 一時停止を守る意味を聞いてみました

答えは以下の通りでした 一時停止は交差点などで、車両が安全に交差するために必要な交通ルールの1つです。一時停止を守ることで、交差点に進入する車両や歩行者を確認し、安全な運転をすることができます。 具体的には、一時停止標識のある...
技能教習

駐車と停車のコツ

卒業試験では30センチ以上離れないように停車するようにして欲しいので 練習時にしっかり寄せて駐停車出来るように練習することになります 一段階でも 寄せて停めて頂いたと思いますので同じようにしっかり寄せて停めましょう 縁石に当ることのないように 但し離れないように頑張ってください
学科教習

合宿免許の教習所選びのポイント

合宿免許は二週間という短い時間で指定のホテルや宿舎に泊まり込んで自動車学校の卒業を目指すことになります 二週間もの間、用意された宿泊施設で生活することになるため なるべくならストレスを少なく自分に合ったプランを選べると免許取得に集中できますね
スポンサーリンク
技能教習

交差点の通行 

交差点を青信号で直進する場合 他の車より優先されることになっています しかしここで知って欲しいのは 優先でも確認をしっかりすることとルール違反の相手との間にも事故は起こしていけないことを知ってください 対向車が右折しようと交差点の中央で止まって待っている時に 交差点を直進するならこちらが優先です
学科教習

死角と運転

範囲の差はあるものの ほぼすべての自動車には死角となる部分があります 私たちが毎日使っている教習車にも沢山の見えない部分『死角』が存在します 見えないから大丈夫なわけは無く 確認しなければなりません この死角を補うものとして バックミラーやアンダーミラーがあります ミラーや目視にて周囲の状況、安全の確認をしっかりと行いましょう
技能教習

安全の確認と合図 警音器の使用

さっきまでルームミラーに映っていた原付が少し目を離してもう一度ルームミラーを確認したらいなくなっていたとしましょう 映らないってことは居なくなったんだな 良かったーなんて思わないでください  もしかしてミラーの死角に入っていて恐く危ない状態なんじゃないかと思える運転者になってください
技能教習

路上運転で気を付けること 判断編

危険を予測した判断の為に、常に危険を予測し 大丈夫だろうなんて考えないで 『かもしれない』 とか 『もしかして?』と考えて 悪い方を予測しながら万が一悪い状況になっても慌てずに対応できる運転者になって頂けたら嬉しいです 運転者が走行中にブレーキをかけるときは、まずは目で確認、認知してブレーキをかけようと判断してから操作にうつります この認知→判断→操作の過程には多少の時間がかかってしまいます
運転のコツ

慌てずに運転するコツ

時間に追われて運転をするとミスや失敗が起こりやすくなります なんとなくわかりますよね 慌てずに運転するためには   少し早めに出発する これしかありません
技能教習

踏切の通過

道路と線路が交差した場所にあるのが踏切です 道路と道路が交差した交差点と似ています 交差点は何十年も一番事故の多い場所ですので注意しながら通行しなければいけません 踏切は事故数は交差点より少ないものの 万が一事故になった時 大事故になる傾向があります
学科教習

歩行者の保護

歩行者とは道路を歩いている人のことです 他にも車いすの方やシルバーカーの方も含まれます この歩行者と自動車が事故を起こすとほぼ間違いなく自動車は加害者となってしまいますので歩行者との事故は起こしてはいけません 誰かの大切な人である歩行者に怪我をさせたり、まして殺めたりして許されるはずはありません 歩行者の保護はとても大切なことです しっかりと知ってください
スポンサーリンク