技能教習

技能教習

自動車をバック(後退)させてみよう

バックするときに一番大切なことは 後方の安全確認をしっかりおこなうこと です 失敗してもやり直せば済みますが万が一 自動車の後方に歩行者や猫ちゃんがいた場合取り返しがつきません 絶対に後方に子供や猫ちゃんがいないことを確認しましょう もう一つ 大切なことは ゆっくり進むこと(バックすること)です
技能教習

修了検定 合格のコツ

一段階の教習がみきわめまですべて終わったら いよいよ技能試験である修了検定を受けて頂くことになります 若い皆さんは余り挫折経験が無く 落ちることに必要以上に恐怖心がある方が多いですが、気にすることはありません これから長い人生で沢山の失敗や挫折を味わいますので社会勉強となりますし
技能教習

路上教習で気を付けるべきこと

どうしても緊張してしまう路上教習を楽におこなってもらうために注意点や気を付けることを解説していきます 読んで頂くと少し気楽に教習出来るようになりますよ どうして良いかわからない時は? 自動車を運転していると、どうす...
スポンサーリンク
技能教習

初めての路上教習 路上運転の注意点

公の道路を走って練習することを路上教習といいます この路上教習の為には仮運転免許が必要になります その為に修了検定や仮免許学科試験を頑張って仮免許を取得しましたよね 道路で練習するのはとても大切で卒業試験は必ず道路で行いますし、免許を取った後に実際に走るのも公の道路になりますからね 最初は恐いと感じるでしょうが皆さん三時間目くらいには楽しいって言ってくれますので 少しずつ慣れていってください
技能教習

狭路の通行 クランク編

しっかり速度を落として徐行よりもゆっくり走る(断続クラッチ) 入口を左折で入るとき 寄せすぎると落ちやすいので寄せすぎない 道中曲がるときは 内輪差で後輪が落ちないように離れて曲がりだす 危ないかもしれないと思ったら止まって確認する(窓から顔は出してもOKです) 出口は特に後輪の脱輪が多い 死角になって見えないまま左に寄りすぎない
技能教習

目標に合わせた停止

目標に停車するためのコツは やはり早めにしっかりと減速(速度落としておくこと)することです 早めの合図、早めの減速 そして早めに路側帯(道路の左端の白い線)に寄っておきましょう 徐行(10キロ以下)になってから路側帯によるイメージです 路側帯による時は 30センチ以内と言われているのですが寄せすぎるよりは離れてしまう方が良いです 自動車という乗り物はギリギリに寄せることはしませんので 最初から離れてしまうのは仕方ないけど当たる(擦る)のだけは絶対ダメだと知った上で練習して欲しいです
技能教習

上手に止まるブレーキ操作

この人の運転嫌だなーって思うことってありますよね 車間距離の狭さやブレーキのタイミングなどが運転手恐い運転手や 停止時のブレーキの雑さが下手だなーって思うこともよくあります 自分の為に 助手席に乗ってくれている大切な人の為に、上手なブレーキで停止出来る運転者になってください
技能教習

みきわめでの気を付けるポイント

みきわめとは教習効果の確認をする時間です AT車でも最短で見極め前までに11時間掛かっています この時間で習ったことがちゃんと出来ているか 見極めるための時間なので技能試験(修了検定)の時のように緊張する必要はありません 気楽に受けて欲しい教習です
技能教習

方向変換 バックしての駐車の練習

スーパーやレストランに行ったとき自動車は駐車場に停めることになります 自宅の駐車場にも会社の駐車場にもやはりバックで駐車することになります 前進で駐車もできますし することもありますが基本はバックでの駐車です 何故なら前進で駐車してバックで出ようとすると外輪差で自動車の前部を当てることになるからです 免許取得後に困らないように、レストランの駐車場で恥をかくことの無いように上手にバック出来るようになりまし
技能教習

狭路の通行 S字編

何度教習しても上手に通ることが出来ない場合 どうしてもだめな場合は ここに来たらハンドルを全部回してーって感じの目印教習を行わざる負えない場合もありますが なるべくはしないようにしましょう 何故なら 免許を取った後 役に立たないからです 最初は失敗しても問題ありません 当たりそうになったり 落ちそうになればバックして やり直す練習ができます これがドンドン失敗していきましょうっていっている意味です 無駄になることなんかありません
スポンサーリンク