学科教習

学科教習

追い越し 

追い越しはとても危険な行為なので 皆さんが免許取得し運転に慣れた後でもおこなってほしくありません 特に片側一車線の道路で追越をすると 対向車線を長時間逆走で走行することになりますので 万が一、対向車と正面衝突してしまうと死んでしまうような大事故になってしまいます
学科教習

学科教習

学校での授業のように教室で沢山の教習生さんと一緒に学科を習うよ 初めての学科教習 ルールで決まっていて 学科は先行学科1(学科1番)だけは最初に習わないとダメだよ 学科教習は1番の先行学科以外は番号無視で一段階のものならドンドン受けていきましょう 学科は仮免許を取るための試験 仮免学科試験を合格することを目標に勉強していただきますが仮免前効果測定という 学科試験の練習問題をまずは合格していただくことになります
学科教習

進路変更など

自宅から会社や大学まで一本道で繋がっている人はまずいません 自宅を出たら何度か右折や左折をして国道などの基幹道路に出て 目的地の近くまでしばらく走行してからまた右左折をしていくことになります 毎日自動車を運転するようになれば必ず行うことになる進路変更 しっかり知って上手に、そして安全におこなえるようになりましょう
学科教習

信号に従うこと

教習項目2は信号について学んでいただくことになりますが 信号なんか小学生のころから知ってるよーって方が多いと思います 是非知って欲しいですが 子供の頃と 大人になった今とでは信号の意味は 全然違います!
学科教習

標識 標示などに従うこと

標識って何?って方に まず知って欲しいのは 標識とはルールが看板になったもの であるって知ってもらえれば十分です
学科教習

緊急自動車などの優先

もしも、皆さんの大切な友達や恋人が事故にあってしまい 腕が逆に曲がって血が止まらなかったら一分でも早く助けて欲しいと思うでしょう この大事な人を助けて欲しい時に待つ一分間はとてつもなく長く感じるはずです すぐに助けに来て欲しいのに 他の自動車が無知の為に到着が遅れることはあってはならないことです 救急車といわれる緊急自動車にはこのような誰かの大切な人が一分でも早く病院に行かなくてはならない状態なのです 緊急自動車の邪魔になったり待たせたりすることの無いように しっかりと知るべきことを知ってください
学科教習

車が通行するところとダメなところ

車は車道を走らなければ駄目だよって決まっています 歩道は歩行者が安全に通行するために車は走ってはいけませんが 小学生までの子供さんと70歳以上の高齢者だけは特別に自転車だけ通行出来ます しかしほとんどの方は歩道を自転車で走っていますよね?
学科教習

交差点の通行と踏切について

交差点は事故が起こる場所NO1の場所がずっと続いています それほど危ない場所なのでしっかりと知ってください 踏切は交差点のように事故が多いわけではないですが 万が一、事故になった時に大惨事になてしまうところです 電車は車重が重くスピードも速いため 我々の自動車は潰されてしまいますし 踏切に自動車を置いて上手く逃げれたとしても 電車が自動車に突っ込むと沢山の乗客に怪我をさせてしまうことになります
学科教習

安全な速度と車間距離

事故になってしまう原因は色々ありますが おそらく最も多いのがスピードの出しすぎでしょう  気づきが遅れたとしても速度さえ出すぎていなければ止まれたのにと悔やまれる事故もあります 運転に慣れれば慣れるほど危険になる速度の出し過ぎについても考えて欲しい項目です
スポンサーリンク