学科教習

学科教習

学科試験対策

仮免学科試験や本免学科試験 それに付随する効果測定などでお困りのあなたに贈る 間違えやすい問題の解説ページです ぜひ活用してください ひっかけ問題は 答えが✖になる問題が無茶苦茶多くなっていることにも注目してください 目次 横断歩道及び自転車横断隊の前後30メートルは追い越しが禁止されている 交差点の手前から30メートル以内の場所は停車も駐車も禁止されている 赤色の灯火の点滅信号に対面する場合 車と歩行者は停止位置で一時停止しなければならない 750キログラムを超える故障車をけん引する場合 けん引免許はなくてもけん引出来る トンネルではいかなる場合も追い越しをしてはいけない 黄色の灯火の点滅信号は 他の交通に注意して徐行しなければいけない
学科教習

chat gpt に 一時停止を守る意味を聞いてみました

答えは以下の通りでした 一時停止は交差点などで、車両が安全に交差するために必要な交通ルールの1つです。一時停止を守ることで、交差点に進入する車両や歩行者を確認し、安全な運転をすることができます。 具体的には、一時停止標識のある...
学科教習

合宿免許の教習所選びのポイント

合宿免許は二週間という短い時間で指定のホテルや宿舎に泊まり込んで自動車学校の卒業を目指すことになります 二週間もの間、用意された宿泊施設で生活することになるため なるべくならストレスを少なく自分に合ったプランを選べると免許取得に集中できますね
スポンサーリンク
学科教習

死角と運転

範囲の差はあるものの ほぼすべての自動車には死角となる部分があります 私たちが毎日使っている教習車にも沢山の見えない部分『死角』が存在します 見えないから大丈夫なわけは無く 確認しなければなりません この死角を補うものとして バックミラーやアンダーミラーがあります ミラーや目視にて周囲の状況、安全の確認をしっかりと行いましょう
学科教習

初めての学科教習

学科教習は番号がついていますが 1番(先行学科1)だけは 最初に受けないといけないと決められています 以降は 何番の学科を受けて頂いても結構です どんどん受けていきましょう 先行学科1は入校後 適正検査と合わせて受けて頂くことが多く 長くなりますので大変ですがどうぞ頑張って最後までしっかり受けてください
学科教習

歩行者の保護

歩行者とは道路を歩いている人のことです 他にも車いすの方やシルバーカーの方も含まれます この歩行者と自動車が事故を起こすとほぼ間違いなく自動車は加害者となってしまいますので歩行者との事故は起こしてはいけません 誰かの大切な人である歩行者に怪我をさせたり、まして殺めたりして許されるはずはありません 歩行者の保護はとても大切なことです しっかりと知ってください
学科教習

運転免許制度 交通反則通告制度

自動車を運転するためには実は免許が必要ありません 小学生でもオートバイのレースに出場していますし 上手に運転できる方も多くいらっしゃいます 運転免許が必要になるのは 公の道路を自動車で通行するときに必要になります 道路には歩行者や自転車、大人だけでなく小さな子供さんもいらっしゃいますし 自動車も沢山走行しています ダンプカーやトレーラーなどの大きな自動車も走っています この色々な方がいらっしゃる道路を走行、運転するために必要なのが運転免許です 免許について知っていきましょう
学科教習

オートマチック車などの運転

四輪車でも二輪車でもAT車が増加しています 実際私もAT車に乗っていますし、セカンドカーやオートバイはMT車が良いなと思いますが 通勤で毎日運転するならAT車一択です エンストの心配しながら発進に気を遣う必要もなく安全に目一杯気を使えるので楽な印象があります このAT車について知ってください
学科教習

自動車学校のすすめ方

自動車学校(自動車教習所)も色々ありますが すべての自動車学校が欲しい免許を取れる訳ではありません まずは欲しい免許に対応している自動車学校であることが絶対条件です 普通自動車免許はほぼ全ての自動車学校で対応しています(二輪車のみの教習所もあります) ネットですぐに調べることができますので まずはしっかり調べましょう
学科教習

行き違い

幅の狭い道路で自動車や自転車、歩行者とすれ違う行為を行き違いといいます 勿論 絶対に当たってはいけませんし 相手が恐いと思うような速度で恐いと思う距離まで近づいてはいけません 自分も相手も恐いと思わない距離と速度で安全に行き違えるようになってください
スポンサーリンク