運転のコツ

新社会人になる皆様へ

自動車免許をとろう マルチ商法やねずみ講に注意してね 自動車免許をとろう 自動車学校で自動車免許を取ろう 都会で住んで働く方には必要ないかもしれませんが 将来子供が出来た時や何らかの理由で里帰りや田舎暮らし、転勤や転職などで自動車免許が必要になった時に2週間以上のまとまった休み(合宿免許の為)をとったり、毎日2時間ずつ1か月以上自動車学校に通うのはかなり大変なので
学科教習

学科教習

学校での授業のように教室で沢山の教習生さんと一緒に学科を習うよ 初めての学科教習 ルールで決まっていて 学科は先行学科1(学科1番)だけは最初に習わないとダメだよ 学科教習は1番の先行学科以外は番号無視で一段階のものならドンドン受けていきましょう 学科は仮免許を取るための試験 仮免学科試験を合格することを目標に勉強していただきますが仮免前効果測定という 学科試験の練習問題をまずは合格していただくことになります
学科教習

進路変更など

自宅から会社や大学まで一本道で繋がっている人はまずいません 自宅を出たら何度か右折や左折をして国道などの基幹道路に出て 目的地の近くまでしばらく走行してからまた右左折をしていくことになります 毎日自動車を運転するようになれば必ず行うことになる進路変更 しっかり知って上手に、そして安全におこなえるようになりましょう
スポンサーリンク
技能教習

初めての技能教習

初めての運転の練習は皆さん緊張されます 沢山失敗して少しずつ運転に慣れて頂けたら充分です 頑張って練習、教習していきましょう
技能教習

運転するときの服装

運転に適した服装とは まずは奇抜なデザインすぎて袖が邪魔になるとか 滑りやすい生地で運転に適した姿勢を安定してキープしずらい服は避けましょう 靴は ハイヒール✖ 厚底サンダル✖ 厚底ブーツ✖ ベナッシ✖ ビーサン✖ 下駄✖ ダメな靴は沢山あります おススメはやはりスニーカー 運動靴です
技能教習

最初のブレーキの練習

アクセルをしっかり踏んで速度を出すのは怖いでしょうが安心してください 私達教習指導員の座っている助手席には補助ブレーキがついています 危ないと感じたら絶対に事故にならないように速度を落としたり止まったりします 時にはハンドルを横から操作して事故を回避します(急にハンドルを触られるとそれはそれで恐いですが) 最初は30キロで走ることが怖いと感じるはずです ですが人間とは不思議なもので同じ速度で二回目、三回目は明らかに恐怖心が減っていきます 怖い思いをしながらも どうしても速度を出してほしいのには理由があって 自動車を動かす時に難しいブレーキの練習をしていただきたいためです 
運転のコツ

座席のあわせかた

シート(座面)の高さを合わせる 背もたれとお尻の間に空間を作らない ブレーキを奥までしっかり踏めるように合わせる ハンドルやミラーも動かして合わす シートベルトで体を固定していきましょう シートポジションと言ったりしますが自動車の運転席の座席の合わせ方について 正しい姿勢と言われても 何が正しいかわからないので最初は適当に座ってみましょう
学科教習

信号に従うこと

教習項目2は信号について学んでいただくことになりますが 信号なんか小学生のころから知ってるよーって方が多いと思います 是非知って欲しいですが 子供の頃と 大人になった今とでは信号の意味は 全然違います!
学科教習

標識 標示などに従うこと

標識って何?って方に まず知って欲しいのは 標識とはルールが看板になったもの であるって知ってもらえれば十分です
学科教習

緊急自動車などの優先

もしも、皆さんの大切な友達や恋人が事故にあってしまい 腕が逆に曲がって血が止まらなかったら一分でも早く助けて欲しいと思うでしょう この大事な人を助けて欲しい時に待つ一分間はとてつもなく長く感じるはずです すぐに助けに来て欲しいのに 他の自動車が無知の為に到着が遅れることはあってはならないことです 救急車といわれる緊急自動車にはこのような誰かの大切な人が一分でも早く病院に行かなくてはならない状態なのです 緊急自動車の邪魔になったり待たせたりすることの無いように しっかりと知るべきことを知ってください
スポンサーリンク