技能教習

踏切の通過

道路と線路が交差した場所にあるのが踏切です 道路と道路が交差した交差点と似ています 交差点は何十年も一番事故の多い場所ですので注意しながら通行しなければいけません 踏切は事故数は交差点より少ないものの 万が一事故になった時 大事故になる傾向があります
学科教習

歩行者の保護

歩行者とは道路を歩いている人のことです 他にも車いすの方やシルバーカーの方も含まれます この歩行者と自動車が事故を起こすとほぼ間違いなく自動車は加害者となってしまいますので歩行者との事故は起こしてはいけません 誰かの大切な人である歩行者に怪我をさせたり、まして殺めたりして許されるはずはありません 歩行者の保護はとても大切なことです しっかりと知ってください
学科教習

運転免許制度 交通反則通告制度

自動車を運転するためには実は免許が必要ありません 小学生でもオートバイのレースに出場していますし 上手に運転できる方も多くいらっしゃいます 運転免許が必要になるのは 公の道路を自動車で通行するときに必要になります 道路には歩行者や自転車、大人だけでなく小さな子供さんもいらっしゃいますし 自動車も沢山走行しています ダンプカーやトレーラーなどの大きな自動車も走っています この色々な方がいらっしゃる道路を走行、運転するために必要なのが運転免許です 免許について知っていきましょう
スポンサーリンク
学科教習

オートマチック車などの運転

四輪車でも二輪車でもAT車が増加しています 実際私もAT車に乗っていますし、セカンドカーやオートバイはMT車が良いなと思いますが 通勤で毎日運転するならAT車一択です エンストの心配しながら発進に気を遣う必要もなく安全に目一杯気を使えるので楽な印象があります このAT車について知ってください
学科教習

自動車学校のすすめ方

自動車学校(自動車教習所)も色々ありますが すべての自動車学校が欲しい免許を取れる訳ではありません まずは欲しい免許に対応している自動車学校であることが絶対条件です 普通自動車免許はほぼ全ての自動車学校で対応しています(二輪車のみの教習所もあります) ネットですぐに調べることができますので まずはしっかり調べましょう
学科教習

行き違い

幅の狭い道路で自動車や自転車、歩行者とすれ違う行為を行き違いといいます 勿論 絶対に当たってはいけませんし 相手が恐いと思うような速度で恐いと思う距離まで近づいてはいけません 自分も相手も恐いと思わない距離と速度で安全に行き違えるようになってください
学科教習

追い越し 

追い越しはとても危険な行為なので 皆さんが免許取得し運転に慣れた後でもおこなってほしくありません 特に片側一車線の道路で追越をすると 対向車線を長時間逆走で走行することになりますので 万が一、対向車と正面衝突してしまうと死んでしまうような大事故になってしまいます
技能教習

進路変更 安全に曲がるために必要な安全確認

右折したり左折したりすることを進路変更といいます 実際は走りながら右や左に移動することを進路変更といいます 進路変更はこの右左折以外にも 路端から発進して車道の真ん中に移動するのも 路端に止まるために左端に寄せるときも進路変更です 右左折前に巻き込み事故を防ぐ為に寄せることも進路変更ですのでしっかり知っておいてください
技能教習

カーブを曲がるコツ 初めてのハンドル操作

マリオカートをゲーセンでやったことのある方は最初からハンドルを使って自動車を思った通り動かせる教習生さんもいますし グランツーリスモが好きで最初から滅茶苦茶上手にハンドルを使える方もいらっしゃいます しかし初めてハンドルを触るかたには どれくらい回すとタイヤがどのくらい角度がついて どのように自動車が曲がりだすのか見当もつきません 自転車のようにタイヤが見えませんので仕方ないと思います 道路からはみだしても大丈夫ですので沢山失敗してくださいね
技能教習

技能教習

自動車を運転して行う教習を技能教習と言います 初めての技能教習 まずはこちらで最初のステップ 基礎は大事だよ 運転に適した服装 ←靴や服も気を付けよう 一段階という言い方をしますが これは仮免許を取るまでの技能、学科の教習のことを言います 教習所の方は当たり前のように使ってきますので最初は???ってなりますがなんとなくわかってくると思いますよ 技能教習は順番に進んでいくことになります
スポンサーリンク