駐車と停車のコツ

スポンサーリンク

卒業検定では道路を走る検定と コース内でのバックの検定がセットになっています

道路を走行し 一度だけ停車し 一度だけ駐車して終わることになると思います

スポンサーリンク

試験の為の停車と駐車

卒業試験では30センチ以上離れないように停車するようにして欲しいので 練習時にしっかり寄せて駐停車出来るように練習することになります

一段階でも 寄せて停めて頂いたと思いますので同じようにしっかり寄せて停めましょう

縁石に当ることのないように 但し離れないように頑張ってください

実際の運転での駐車と停車

免許取得後に親の自動車を借りて運転したり ローンを組んで自分の自動車を買って運転するときに

30センチまで寄せて停車するようなことはあって欲しくないです

万が一、目測を誤ってホイールを擦ってしまったり バンパーに当ってしまったら取り返しがつきません

絶対に当ったりすることのない距離を保ち なるべく邪魔にならないように停車出来るようになってください

本当は道路に停車すらして欲しくはない

駐車や停車がルールで禁止されていなくても なるべくなら道路に自動車は止めないでくださると嬉しいです

駐車場があるようなら たとえ少しの時間でも駐車場に停めてください

運転中にlineや電話の着信があっても 返信や電話の為に道路に停まることのないようにしてください

停車したあなたの自動車一台のせいで 後ろに沢山の自動車が避けて走行できずに困っているなんてのを国道でもよく見かけます

停車が禁止されていないので 違反ではないですしルールには沿っているのですが実際に凄く邪魔で迷惑が掛かっていることが多いです

寄せる為のコツ

寄せないことが一番大切ですが 寄せなければいけない狭い道路もあります

実際に卒業試験では寄せることが必要になります

寄せる為には車体の左端やタイヤの位置に注意を払うこと 自動車の幅は大体170センチ位なので運転席から手を伸ばしても車体の端まで手は届かないかなぁ?くらいの位置です

左のドアミラーを見ることで 車体がまっすぐの時には後何十センチくらい余裕があるのかを目で確認することも出来ます

なによりも慌てずにゆっくり寄せて考えながら行うことが重要です