運転するときの服装

スポンサーリンク

運転に適した服装とは まずは奇抜なデザインすぎて袖が邪魔になるとか 滑りやすい生地で運転に適した姿勢を安定してキープしずらい服は避けましょう

靴は ハイヒール✖ 厚底サンダル✖ 厚底ブーツ✖ ベナッシ✖ ビーサン✖ 下駄✖ ダメな靴は沢山あります おススメはやはりスニーカーや運動靴です

靴を脱いで裸足で運転する方もいらっしゃいますが ブレーキペダルを踏んだ時に滑る可能性など考えるとおススメはできません

つばの広い大きめの防止やイヤホン、ヘッドホンを付けての運転は辞めましょう

和服も素敵ですが運転には向かない服装になりますので教習には着てこないようにしてください

前がしっかり見えずらい髪型もやはりおススメ出来ませんし 束ねた髪が邪魔でヘッドレストにうまくもたれることが出来ないと疲労に繋がりますので注意してください

スポンサーリンク

教習での服装は

合宿などで荷物の制限がある場合など考えると知っておいて欲しいことは 乗り降りすることも多いですしスカートよりもパンツの方が向いています

高校生の方は高校の制服でお越しいただくことが多いですが 男性は向いている服装だと思いますが女性はスカートで短いことも多いため 余り向いていないように思います

是非合宿で免許取得を目指す女性の方はパンツでのお越しをお願いします

二輪車での服装

学科試験は二輪車の方と同じ試験を受けることになります 知っておいて欲しいのは、二輪車で走行中に万が一転倒してしまうと大怪我することになってしまいます

しっかりとした生地の長袖で長ズボンであることが必要です プロテクターをつけておられる方もみえますが嫌じゃなければ付けることで安心を得られます

他の運転者に目立つような服装であることも事故に巻き込まれないためには有効です 特に夜間や夕方の薄暮時は見落とされて当てられることを防ぐ為にも重要です

ヘルメットもしっかりと乗車用のものを選んでください

おしゃれなヘルメットで装飾用として販売されているものは事故の時に大切な頭を守ってはくれません

工事用の安全帽も乗車用ヘルメットではありません

PSマーク(C)かJISマークの付いたしっかりとした品質のものを選び、しっかりと顎紐をして万が一の時に脱げてしまうようなことにならないようにしましょう

服装とはかわってきますが

スマートホンを持っていない教習生さんにはここ4,5年はあったことがありません

教習中にラインの着信音がなっちゃう方もいらっしゃいます

このスマホですが、運転中に手に取るだけで違反になります

見たかどうかや操作したかどうかがハッキリしないため、運転中に手に持っただけで違反となっています

反則金の金額もかなり高額ですし、点数も大きいです ちょっとした小さな違反ではなく事故に繋がる重大な違反であることを認識してください