進路変更 安全に曲がるために必要な安全確認

スポンサーリンク

右折したり左折したりすることを進路変更といいます 実際は走りながら右や左に移動することを進路変更といいます

進路変更はこの右左折以外にも 路端から発進して車道の真ん中に移動するのも 路端に止まるために左端に寄せるときも進路変更です

右左折前に巻き込み事故を防ぐ為に寄せることも進路変更ですのでしっかり知っておいてください

スポンサーリンク

進路変更するときの安全確認のしかた

最初にルームミラーで後方の自動車があおり運転じゃないか 100キロの無茶苦茶な速度じゃないか確認しましょう

左に進路を変えるときは左のドアミラーに原付や自転車が映っていないかの確認と サイドミラーの死角になる自動車の横に居ないか自分の目でしっかりと確認しましょう

この安全確認で大切なことは サイドミラーと死角部分の2か所をしっかりと確認することです

右に進路を変えるときは右のサイドミラーとしの死角部分をしっかりと自分の目で確認しましょう(目視)

進路変更するときの合図の出し方

合図は余裕をもって出せるように 最初は少し早すぎるかなと思うくらいのタイミングで出していきましょう

遅いと自分が慌てることになって運転しずらくなります

例えば左折したい交差点があれば そのかなり前で合図を出し3秒後に確認して寄せることになります

巻き込み事故を防ぐ為にしっかり寄せましょう(1メートル以内)この時 交差点の30メートル手前が理想です 実際に練習している教習所のコースは狭いのでもう少しギリギリになるのが普通です

上手に進路変更する方法

進路変更する3秒前に合図を出すことに注意しながら 速度も速すぎると失敗しやすいので最初はゆっくり練習してください

方法としてまず最初は

  • ルームミラーを使って後続車があおり運転じゃないか確認
  • 大丈夫なら合図を出しましょう
  • 3秒間待ちます この時間は周りの車に自車が進路変更することを知らせています
  • 寄せても事故にならないかしっかり確認していきましょう
  • まずはドアミラー(サイドミラー)にバイクや自転車が割り込んできているように見えませんか?
  • 続いてドアミラーに映らない死角にバイクや自転車が居ないか直接見ましょう(目視
  • 大丈夫そうなら慌てないでゆっくりと寄せてから進路を変更していきましょう

このような流れで進路変更していきましょう

修了検定の為にしっかり寄せることが出来るように

普段自動車を運転している時もこの進路変更での確認は絶対におこないますが ここでは技能検定(修了検定)で減点されないための数字をお伝えします

合図を出して左に曲がる左折では 1メートル以内に寄せなければ減点と決まっていますので離れないように但し 寄せすぎて内輪差で落ちる(当たる)ことの無いように丁寧に左折してください

右折時は0.5メートル以上離れたら減点ですので 中央線にしっかり寄せて離れないようにしながら絶対に中央線を踏まないようにしてください

修了検定では特にミラーとその死角をの二箇所をしっかり目視で確認したかどうかが大切です 自分が見たからOKではなく

検定員に二箇所しっかり目視で確認している様を見せるようにオーバーアクションで減点されないように確認しましょう

実際の道路でもしっかり確認しないと事故になるよ

国道もほとんどが幅3メートルの車道です しかし教習所のコースは3.5メートルあり左折の時の寄せが離れがちです

実際の道路ではあまり左折時に寄せることはしませんが

確認だけは絶対にします

万が一にも事故はダメです 絶対に確認して絶対事故にならないように進路変更しましょう