追い越し 

スポンサーリンク

追い越しはとても危険な行為なので 皆さんが免許取得し運転に慣れた後でもおこなってほしくありません

特に片側一車線の道路で追越をすると 対向車線を長時間逆走で走行することになりますので 万が一、対向車と正面衝突してしまうと死んでしまうような大事故になってしまいます

この危険な追い越しはおこなって欲しくなくても 追い越されることはありますので その時の対処など慌てずに事故に巻き込まれない運転者になっていくための知識を付けてもらう項目です

スポンサーリンク

追い越しと追い抜きの意味の違い

似た言葉ですし 行為自体も似ていますが危険度はかなり違うふたつの行為です

追い抜きは片側一車線道路では出来ません 二車線以上の通行帯があり 左の車線を走行している遅い自動車を右の通行帯を使って追い抜いてそのまま走っていくことを言います

追い越しは 片側二車線以上の道路でもおこなえますが片側一車線でもおこなえるところが違うところです 片側一車線で追い越すと対向車線を逆走するかたちになり凄く危険です 追い越した後もとの車線に戻りますがこの時も注意が必要です

似た行為ですが危険度にかなり違いがあり 追い抜きは出来るようになって欲しいですが追い越しはあえてしない運転者になって欲しいです

追い越しを禁止する場合

追い越しは危険な行為なので禁止の場所以外でも 以下の場合はおこなっていけません

  1. 前の車が自動車を追い越そうとしているとき
  2. 前の車が右折や転回の為に右側に進路を変えようとしているとき
  3. 道路の右側部分に入って追い越しをしようとする場合に 反対方向からの車や路面電車の進行を妨げるようなとき
  4. 道路の右側部分に入って追い越しをしようとする場合に、前の車の進行を妨げなければ道路の左側部分に戻ることが出来ないようなとき
  5. 後ろの車が自車を追い越そうとしているとき

特に1番の二重追越しは難しいのでしっかり理解して欲しいところです

追い越しを禁止する場所

今度は禁止する場所です この場所ではいついかなる時も追い越しをしてはいけません

  1. 標識で追越が禁止されている場所
  2. 道路の曲がり角付近
  3. 上り坂の頂上付近
  4. 急な下り坂
  5. トンネルの中(片側二車線以上あればOK)
  6. 交差点とその手前30メートル以内の場所
  7. 踏切とその手前30メートル以内の場所
  8. 横断歩道と自転車横断帯とその手前30メートル以内の場所

是非注意して欲しいのは6,7,8の その手前30メートルという記述です 学科試験でよく出てくるひっかけ問題で 手前の部分を 前後に変わっていることで答えが〇から✖になることに注意してください

例 横断歩道の前後30メートルは追い越しが禁止されている

答え ✖

解説 手前30メートルは追い越し禁止ですが 前後となると 横断歩道の後ろ30メートルは追い越し可能な為です 

追い越しの方法

追越しの練習は自動車学校ではおこないません どんなに運転に慣れても追い越しは危険な行為なのでおこなって欲しくはありません

注意する点、確認しなければいけないところも多く 万が一見逃してしまうと大事故に繋がる可能性があるからです

方法の解説はしないことにします

追い越しにメリットは無し

日本の道路では追い越しをして急いで走行しても 早く到着できるわけではありません

実際に2時間半 追い越しを次々とおこなって60キロで走った自動車と絶対に追い越しをせずに50キロで走行した自動車では 10分しか到着時間に変わりはありません

高速道路やアメリカの広大な土地を縦断するような道路なら45分は短縮できるはずです

これには理由があって日本の道路では追い越しをしても次の信号で止まれば追いつかれますし 遅い自動車を追い越してもすぐ次の遅い自動車が前を走っています 信号で止まるたびに沢山の自動車が前に入ってきますのでいつまでも誰かの後ろを走行することになりますので

追い越しにはあまり意味がないのです

一番大切な追い越される時の注意

自動車学校で追越の練習など絶対にしませんし して欲しくないとお話ししましたが追い越されることはよくあります

教習生の皆さんには 教習車や初心者の自動車を追い越すような大人にはならないようにしてねってお願いしていますが 毎日追い越しをされています

追い越される時の注意がこの項目では一番大切なところなのですが理由は 教習生さんの身体より大切なものはないからです

大切な自分や親の自動車を傷つけられないように 大切な自分の身体を傷つけられないように安全に追い越しをされてください

負けず嫌いの方で抜かれそうになるとアクセルを踏んでしまう方などおられますが絶対にダメです 追い越しをしてきた自動車がどうなろうと知ったことじゃありませんが 大切な自分を守るため安全に追い越しをして安全に戻れるようにしてあげてください