路上教習で気を付けるべきこと

スポンサーリンク

どうしても緊張してしまう路上教習を楽におこなってもらうために注意点や気を付けることを解説していきます

読んで頂くと少し気楽に教習出来るようになりますよ

スポンサーリンク

どうして良いかわからない時は?

自動車を運転していると、どうすればいいんだろう?って思う場面に出会うと思います この時の対処方法は 

速度を落としましょう それでもヤバければ止まりましょう

これです! 慌てない為に速度を落とすことがまず重要で それでもどうして良いかわからない時危険かもしれないと思うようなら止まることも考えましょう

前もって考えておきたいことは多いのですが 交通の流れは毎回少しずつ違いますので迷ったり悩んだりすることが多いです 

この時に速度が落ちていないとドンドン危ないのに近づいてしまったり、ヤバい方向に向かってしまうことが困るからです

もし国道で前の自動車がバックしてきたら? 狭い道路でトラックが対向車として向かってきたら? その時の状況や場所によって対応が変わるので その時その場所で考えるための時間を稼ぐため速度を落としましょう

進路変更は教習所内での教習と同じ

道路によっては二車線だったり、右折レーンがあったりしてコースとは違う形状の道路も走りますが進路変更する為の安全確認は変わりません

但し、余裕を持っておこなう為に確認や合図は早めにおこないます 慣れてきたら早すぎて周りに迷惑にならないように気を付けていくことも考えますが まずは慌てないように早め早めの合図と確認で大丈夫かどうか自分で確認することを大切に練習してください

早い合図は周りの交通に知らせることがしっかりできるので 危ない 恐いと思うような事態を遠ざけることもできます

危ないのは一か所だけじゃない

路上教習中は皆さん集中して練習してくれます ですが一つのことに集中しすぎてしまう傾向があります

速度が超過してしまうことを気にするあまり走行位置がドンドン路側帯に寄っていたり、赤信号を見落としてしまったり

横断歩道の歩行者に注意を集中してしまい歩道の自転車を見落としてしまったりすることが多々あります

広く等しく注意を払いってください とはいっても言うのは簡単で、広く注意を払うのは難しく練習と慣れで少しずつ出来るようになってくださいね

それまでは私達教習指導員が補助ブレーキを使ったりハンドルに手を出したりして守っていきますので安心してください

運転マナーは大切に

譲り合いや思いやりのある運転を心掛けて  自分勝手な運転をしないように気を付けましょう

適切なタイミングで合図をすることも大切で、間違った合図は事故の可能性すらあります注意してください

ただでさえ教習中の自動車や初心者マークの自動車は恐がられることがありますので 必要以上にゆっくり過ぎたり 無意味な停止をしての確認なども恐いと思われることになりますので交通の流れを乱さないようにしましょう

コースと実際の道路の違い

歩行者や大きなトラックがいたり、信号や標識も多く情報量がかなり違いますし 速度も速い自動車が多く複雑です

自動車の速さのせいで情報を見落としたり見誤れば事故になったり違反になったりしますので十分注意して確認していきましょう

  • いつ(どこで)
  • 何を(どこを)
  • どのように見るか
  • ~~かもしれないと予測すること

上記を練習しているんだと目的意識を持って運転していただけると上達も速いかなといつも思いながら教習しています