行き違い

スポンサーリンク

幅の狭い道路で自動車や自転車、歩行者とすれ違う行為を行き違いといいます

勿論 絶対に当たってはいけませんし 相手が恐いと思うような速度で恐いと思う距離まで近づいてはいけません

自分も相手も恐いと思わない距離と速度で安全に行き違えるようになってください

スポンサーリンク

側方間隔の保持

車の運転者は、対向車と行き違うときは 対向車との間に安全な間隔を保たなくてはいけません

また、近くに歩行者や自転車がいるときは 歩行者や自転車との間にも安全な間隔を保たなくてはいけません

では 安全な間隔とは何メートル何センチのこでしょうか?

何メートルが安全な間隔ですとはどこにも書いてありません 何故なら速度に寄って安全といえる間隔が変わるからです

実際には歩行者との間隔が2メートル取れるから 30キロで走行しても大丈夫だろうと判断しながら走行することになります

この歩行者との安全な間隔も歩行者によって変わります

歩行者が自分の自動車に気づいている時と 後ろから近付いている状態で気づいてないかもしれない時では変わってきますし 歩行者が小学生の低学年だったりするとかなり多めに間隔をあけないと安全とはいえません

時と場合、相手によって複雑に変化するので難しいですが 最初はオーバーなほど速度を落として安全を最優先していきましょう

安全な間隔が取れない時は?

対向車と行き違うときに道路の幅が狭かったり 歩行者や自転車が通行しているために安全な間隔が取れない時は、一時停止したり減速して徐行したりして対向車を先に通します

絶対に安易な考えで 対向車が待ってくれるだろうとか、歩行者が避けてくれるだろうといった憶測で走行しないことです

しっかり確認し安全に行き違える運転者となってください

安全な間隔が取れないときは?の答えは止まってでも絶対に安全に行き違えるようにします

障害物がある時の避譲(ひじょう)

進路の前方に障害物がある時はあらかじめ、一時停止や減速をして反対方向からの車に道を譲りましょう

こちらが先に通行出来そうでも 対向車線に恐いと思われるような運転はしてはいけません

対向車線を借りる立場ですので、ジャイアンみたいに『先に貸せよ』は通用しません 特に試験では一撃で失格になりますし 実際の道路では相手によっては事故になってしまいます

しっかりと待ちましょう

坂道での行き違い

坂道で行き違うときは、上り坂での発進は難しいので 下りの車が上りの車に道を譲りましょう

MT車を運転したことのある方は解ると思いますが坂道発進はエンストを起こしてしまう可能性もありますし なによりエンジンの回転数も上がりますのでガソリンも沢山使用します 特に重い荷物を積んだトラックやバスなどでは顕著です

このような自動車は特に上り坂で止まらないようにしてあげてください

但し、自分が上りの時でも近くに待避所がある時は、その待避所に入って対向車に道を譲りましょう

片側が谷や崖になっている道路になっている道路での行き違い

片側が転落の恐れのある崖にになっている道路では 上り坂下り坂に関係なく、崖側を通る車が安全な場所に止まって道を譲りましょう

これには理由があって 崖側の自動車が狭い道路で行き違うと万が一、目測を誤ると転落したり 道路の損壊で崖から落ちることもあるかもしれません

安全より大切なものはありません 絶対に自分や誰かが傷つくことのないように運転しましょう