狭路の通行 S字編

スポンサーリンク

クランクと同じで 道路幅は3.5メートルありますので自動車二台分の幅があります そうは見えないと思いますがドローンで上から見ることが出来たら実際に凄く広いです

自動車の幅は1.7メートルですが内輪差(前後のタイヤの通るところの差)がありますので実際には余裕はもっと少ないのですが それでもかなりの余裕があります

何度教習しても上手に通ることが出来ない場合 どうしてもだめな場合は ここに来たらハンドルを全部回してーって感じの目印教習を行わざる負えない場合もありますが なるべくはしないようにしましょう 何故なら

免許を取った後 役に立たないからです

最初は失敗しても問題ありません 当たりそうになったり 落ちそうになればバックして

やり直す練習ができます

これがドンドン失敗していきましょうっていっている意味です 無駄になることなんかありません

スポンサーリンク

S字コースを通るときに注意して欲しいこと

何度教習しても上手に通ることが出来ない場合 どうしてもだめな場合は ここに来たらハンドルを全部回してーって感じの目印教習を行わざる負えない場合もありますが なるべくはしないようにしましょう 何故なら

免許を取った後 役に立たないからです

最初は失敗しても問題ありません 当たりそうになったり 落ちそうになればバックして

やり直す練習ができます

これがドンドン失敗していきましょうっていっている意味です 無駄になることなんかありません

これはクランクも全く同じですね

上手く通過するために知っていて欲しいこと

見えない部分があることを意識しながら練習して欲しいです 特に前部は4メートルほど見えないのですが意識が足りないと 前部が危ないからもうハンドルを回そうってなってしまうのです

実際には前部にまだ5メートル近く余裕があるのにハンドルを回してしまうので 寄せすぎることになってしまい結果といて後輪が落ちたり当たったりしてしまうのです

見えないところに意識を向ける

大切にして欲しいポイントです

S字コースを上手に通過するコツ

こちらもクランクと同じところが多いですね まずはゆっくり走る以外はありえないです

ゆっくり走るメリットは 慌てずに済みますし、やばいと思った時にすぐ止まれたり 考えながら自車の通るコースをイメージ通りに走りやすくなったりといいことづくめです

MT車での断続クラッチは難しいですし 速度が思ったより出てしまった時はクラッチ全踏みとブレーキでしっかり速度を落とせるようになってください

ボンネット(エンジンルームの蓋)が邪魔で自社の前がどの程度距離が空いているのかわからないので難しいと思いますが 実際には見えないところ4メートルくらいあることが多いです

この目の前の道路がどこまで見えるかは身長によっても変わってきます

背の低い方は 座席を上げることでみやすくなります 方法は座席の座面にクッションを敷きましょう

二枚敷くとかなり見える範囲が変わるハズです

S字の入口は凄く恐く感じる

入口までにはしっかりと速度が落とせていることと、巻き込み防止のために1メートル以上離れないように注意しながら 曲がっていきましょう

早くハンドルを回しすぎたりすると後輪が落ちますし 遅いと前輪が落ちたり当たったりします

狭路は横から見ることになるので狭くみえますが実際は充分な広さがありますのでゆっくり確認しながら進入していきましょう

S字を上手に通るコツは

どうしても見える範囲が遠くしか見えないため ハンドルを早く回しすぎる方がほとんどです

後輪が落ちたり当たったりすることが多くなりますが 仕方のないことで

ハンドルを早く回さないとダメなように見える

のです これをシッカリ知っておいてください 

コツは 大きく外側にあわせるくらいの気持ちでゆっくり通ることです

一番大切なことは 自分で考えて止まれたりバックできること

落ちる(当たる)かもしれないなぁーって思いながら または口にしながら通過しようとしてしまう教習生さんが沢山おられますが これは間違いです

危ないかもしれないと感じたら まずは止まりましょう

考えたり窓から顔を出して確認してみてもやばいと感じるならバックしてやり直したり切り返したりしましょう

自動車で狭いところを通過するときに大事なのは

絶対に当たらないことです

落ちたり当たったりするのは道路では事故です 絶対に回避しないといけません

このマインドを持ったうえで練習として落ちるのは全然OKなのですが 落ちるかもしれないのがわかるようになってきたら 絶対落ちないように通過出来るようになってください

出口戦略 超気を付けて

出口は外周を左に出ることになると思いますが 狭い道路から広い優先道路に出ることになるので優先車の邪魔になるような出方は絶対NGです

邪魔にならないと判断出来ても 相手の優先車が恐いと感じる左折も試験では失格になります

しっかり止まって安全確認し 絶対大丈夫と判断出来るまで外周には入らないようにしてください