狭路の通行 クランク編

スポンサーリンク

狭い路と書きますが実際は狭くありません 普通の国道の車道よりも広いので十分な余裕がありますが 運転席から見ると狭いように見えてしまいます

自動車の幅は大体170センチ 狭路(クランクやS字)は350センチありますので軽く倍あります

内輪差(前のタイヤと後ろのタイヤの通る場所の差)がありますので余裕はそんなにありませんけどね

スポンサーリンク

クランクを通行するコツ

何度教習しても上手に通ることが出来ない場合 どうしてもだめな場合は ここに来たらハンドルを全部回してーって感じの目印教習を行わざる負えない場合もありますが なるべくはしないようにしましょう 

何故なら

免許を取った後 役に立たないからです

最初は失敗しても問題ありません 当たりそうになったり 落ちそうになればバックして

やり直す練習ができます

これがドンドン失敗していきましょうっていっている意味です 無駄になることなんかありません

クランクを上手に通るコツ

上手に通ることを落ちたり当たらずに通ることとすると 

  • しっかり速度を落として徐行よりもゆっくり走る(断続クラッチ
  • 入口を左折で入るとき 寄せすぎると落ちやすいので寄せすぎない
  • 道中曲がるときは 内輪差で後輪が落ちないように離れて曲がりだす
  • 危ないかもしれないと思ったら止まって確認する(窓から顔は出してもOKです
  • 出口は特に後輪の脱輪が多い 死角になって見えないまま左に寄りすぎない

ここに気を付けて練習していきましょう

クランクはゆっくり走る以外ありえない

クランク入口入る前から出口出るまでの間で速度を出すところはありません ゆっくり以外ありえないので AT車はクリープ現象よりゆっくり走るためブレーキで速度を落としながら ソロソロと走ります

MT車は難しいですが 断続クラッチと言われる超ゆっくり走る技術が必要です

ゆっくり走ることのメリットは通れるかどうか考えながら走れること、止ろうと思った時にすぐに止まれる等 いいことばかりなので絶対にゆっくり走れるようになりましょう

内輪差で後輪が内側に落ちる(当たる)ので注意する

前のタイヤは通れるのに後ろのタイヤが当たりそう(落ちそう)になることがあると思います

これは内輪差といい 前後のタイヤの通る場所の差のことです ハンドルを沢山回せば回すほど大きくなので 当たり(落ち)やすくなります

そこで 当たらない(落ちない)ためのコツですが

離れたところから曲がる

ってことです 入口だけは自転車や原付バイクの巻き込み防止のために離れすぎるのはいけません(1メートル以内)

しかしクランクの道中や出口で曲がるときは 巻き込みは気にしなくていいことになっています

実際の道路では確認しまくりますけど クランクコースでは曲がる前に逆側にしっかり寄せてから曲がりだすと後輪が落ちないことを知った上で練習してみてください

クランクで特に大切なことは

危ないかもしれない

と思った時に止まって確認したり 当たるかもしれないと思った時にバックしてやり直すことが出来ることが一番大切です

 万が一、当たってしまったら 実際の道路では事故になり沢山の時間とお金を消費してしまいます

教習生さんによく言うのですが この当たりそうな危ない感じなのに進んでしまおうとする人には 私の子供だったとしたら自動車を貸せないよって 話しています

自動車って 当たらなくと良かったーなんて感じで運転する乗り物ではないとこを理解してください

少しでも危ないと感じたら止まってバック出来る運転者になってください

バックして戻れることが超重要

バックして戻る時に当たったり落ちたりしては困ります 特に歩行者がいたら事故になります

まずは安全の確認を左右後方しっかり行いましょう 子供やお婆ちゃんがいたら大惨事です

Rにシフトチェンジしたら前進よりゆっくりした速度でバックしましょう 

場合によっては沢山バックしてやり直すこともあるでしょうが 切り返し という技術はしっかり習得してください

前輪が落ちそうだったり バンパー部が当たりそうな時にバックするときはハンドルを逆に回してバックする 切り返し を行います

やり直しとの違いは リスタートの時に簡単に曲がりやすい姿勢からスタートできることです

実際に免許取得後も狭い駐車場などで行う技術の 切り返し をしっかり練習してください

出口は一発試験中止になるリスクがあるよ

出口は左に出ることになります 外周は優先道路ですので絶対に優先車の邪魔にならないよう 無理な割込み風に左折しようとすると一撃で失格にされてしまうので注意してください 

実際の道路だと大事故になりかねません

出口で注意したいのは 内輪差で左後輪が落ちて(当たって)しまうことです

内輪差での失敗を防ぐ為に

しっかりハンドルを真っすぐに戻しておくこと

出口は右側に寄るくらいの気持ちで左側ギリギリにならないようにしておくこと

この二つに注意しながら 優先車にも気を付けて外周に進入していきましょう