最初のブレーキの練習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スピードが必要な理由

自動車を動かせるようになったら 次はスピードを出してみましょう

アクセルをしっかり踏んで速度を出すのは怖いでしょうが安心してください 私達教習指導員の座っている助手席には補助ブレーキがついています 危ないと感じたら絶対に事故にならないように速度を落としたり止まったりします

時にはハンドルを横から操作して事故を回避します(急にハンドルを触られるとそれはそれで恐いですが)

最初は30キロで走ることが怖いと感じるはずです ですが人間とは不思議なもので同じ速度で二回目、三回目は明らかに恐怖心が減っていきます

怖い思いをしながらも どうしても速度を出してほしいのには理由があって 自動車を動かす時に難しいブレーキの練習をしていただきたいためです 

初めてのブレーキは急ブレーキになってしまい 自動車が急停止し慌てた教習生さんが謝ってくれるのがほぼ毎回の光景ですが

少しブレーキに慣れてきたら はやい速度(30キロから40キロ)からのブレーキの練習をしたいのです ゆっくり停まれるようになってからですので心配はいりません

まずはゆっくり止まってみる

最初はゆっくりしたスピードから止まってみましょう

どのくらいの強さで踏むのがいいのかわからないので適当に踏んで急ブレーキになってしまいましょう それでOKです

なるほど! こうなってしまうのかって思って頂きたいと思って教習しています

慣れてきたら少しづつ速度を出して 早めの速度からブレーキで速度を落とす練習にうつっていきます

やっぱり怖いし強く踏みすぎてしまう

それでも やはり最初は早い速度に恐怖を抱き ブレーキが強くなりすぎて自動車が停まってしうこともよくあります 凄く難しいと感じるのが普通ですので沢山失敗してください

この時にブレーキにて落としたい速度はカーブによって変わってきます

30キロから15キロに速度を落とす練習をし 出来るようになれば40キロから20キロまで落とせるように練習をするといったような順序で進んでいきます

カーブにあった速度にまで落とせれば カーブを曲がることも楽になります 

バッチリ減速出来て 綺麗にカーブを曲がれると 教習生さんみんなが言います 

気持ち良い!ってね

一度出来てしまえば あとは反復練習で

一度でも上手く出来れば なるほど! がわかれば一気に楽になります 

何度か同じ場所でのブレーキを練習すればコツはバッチリつかめること間違いなしです

最初のブレーキで恐いとつまずいてしまうのはもったいないです

楽しい運転のスタートになりますように