座席のあわせかた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは座ってみよう

  • シート(座面)の高さを合わせる
  • 背もたれとお尻の間に空間を作らない
  • ブレーキを奥までしっかり踏めるように合わせる
  • ハンドルやミラーも動かして合わす
  • シートベルトで体を固定していきましょう

シートポジションと言ったりしますが自動車の運転席の座席の合わせ方について

正しい姿勢と言われても 何が正しいかわからないので最初は適当に座ってみましょう

足がブレーキやアクセルに届かなようでは困ります ブレーキは万が一の時に急ブレーキがしっかり踏めるように奥までしっかり踏める位置に合わせましょう

この時にお尻が背もたれから離れてしまっていると ブレーキを奥まで踏んだ時にお尻が下がってしまってブレーキが奥まで届かなくなってしまわないようにすることが大切です

次に背もたれを合わせて 手がハンドル(ステアリング)に近すぎたり 遠くて回しづらいことの無いようにあわせてください

ハンドルやミラーは動かす事が出来ます 車によって動かし方は違いますが 自分に合わせることで疲労感の軽減やしっかり見えることで事故防止になりますので しっかりあわせてください

全て出来てから最後にシートベルトで体を固定していきましょう もちろん安全の為にも必ず着用します

シート(座面)の高さ調節

座面の高さですが おススメがあります うまく運転するコツにもなりますが

なるべく座面は高くしましょう

背の低めの女性の方ならクッションを二枚敷いたりしてなるべく高めに設定することが運転のしやすさに直結します

狭い道路や駐車場を走ったり、バックするときに視界が取りやすく明らかに運転しやすくなるハズで

教習ですと狭路と呼ばれるクランクS字で近くまで道路が見えるので明らかに難易度が下がります

凄くおススメです

正しい運転姿勢の大切さ

正しい運転姿勢を取っていれば 運転に必要な情報がしっかりとれますし

迅速に正しい運転操作をすることもできますの安全運転に直結します

ロングドライブでも正しい運転姿勢は疲れにくいといわれています 疲れ方は個人差がありますので絶対ではないですが 運転疲れるなぁと感じている方は運転姿勢を見直してみることをおススメします

自分の自動車を持てば楽になるよ

自分の自動車さえ持てるようになれば 一度しっかりと座席をあわせておけば毎回そのまま乗り降り出来れば凄く楽になります

座席が前すぎて乗り降りしずらい場合でも前後に動かすだけにしておけば背もたれの調整やハンドルの調整はしなくても大丈夫です

座高が低くて見ずらい場合もいつも同じクッションを枚数も毎回敷いたままにできるので楽ですよ