安全の確認と合図 警音器の使用

スポンサーリンク

さっきまでルームミラーに映っていた原付が少し目を離してもう一度ルームミラーを確認したらいなくなっていたとしましょう

映らないってことは居なくなったんだな 良かったーなんて思わないでください 

もしかしてミラーの死角に入っていて恐く危ない状態なんじゃないかと思える運転者になってください

そんな安全の確認方法や死角の恐さなど解説していきます

スポンサーリンク

自車の死角は沢山ある

自動車学校では乗車前に自動車の前後の安全確認してから乗り込むことを徹底しています

何故なら運転席に座ってしまうとボンネットに隠れて前部は4メートル程見えませんし 助手席側も4

メートル 後ろは自動車の形にもよりますが教習車では8メートルくらい見えないと思います

これは身長によっても変わりますので 座高の低めの女性では後部が全く見えない教習生さんもいます

運転中の死角ではピラーと呼ばれる自動車の屋根を支えている柱の死角が凄く恐いです

右左折しようとしたときに ピラーの死角に横断歩道を横断中の歩行者がいたり バックで駐車する為

にハンドルを回しながらバックしていたら後ろのピラーの死角に自転車や歩行者がいたりすると気づい

たときにはもう遅いなんてことになると大変です

特に後ろのピラーは太く死角も多いので注意が必要です ピラーは細ければ安全確認のためにはありが

たいのですが万が一自動車が横転(ひっくり返る)するような事故の時 我々運転者のいる空間を守る

ために太く強いピラーが必要なのです

細く見やすいピラーだけでは自動車の横転で自車の重さが約1500キロある自動車の重さで運転席が

潰されて運転者が圧死してしまいます

仕方のない死角なので運転者の我々が十分注意して運転するようにしましょう

死角を補うためのミラー

運転中の死角を補うためにルームミラーやサイドミラー(ドアミラー)があります

ルームミラーで後方から危ない速度で近づいてくる自動車がいないかやあおり運転や追い越そうとして

いる自動車など 後方の危険がないか確認したり

サイドミラーで右後方からやはり追い越しの自動車や隣の車線から近づいてくる自動車の確認をしたり

 左のサイドミラーでは原付や自転車なんかがすり抜けてこないか確認するために使いましょう

合図を行う場合と方法

手による合図も習うと思いますが使っている人はいませんので使わなくても大丈夫です

合図は必ず安全の確認をしてから大丈夫なら合図をします 合図はその行為が終わるまで継続しなけれ

ば意味がありません 他車に自分が何をしようとしているのかを分かってもらうことが重要です

例えば国道の交差点を左折しようと思ったら 50キロで走行しながら交差点のかなり前から安全の確

認をします ルームミラーで後方の安全を確認し大丈夫そうなら合図します そのあと左サイドミラー

ですり抜けようとしてくる二輪車や左後方のミラーの死角は目視で確認しましょう

合図を出して3秒後には左に寄せて進路変更しておきます この時で交差点の30メートル手前が理想です

なので50キロで走行しているなら100メートル程前には後方確認し80メートル前には合図が欲しいところですね

徐行や後退にも合図がある

手に寄る合図には徐行や後退もあります 自動車にも速度を落とす合図や後退(バック)の合図があります

ブレーキを踏むとテールランプ(車体後ろの赤いランプ)が光ります これが速度落とす合図になります

後退(バック)の合図は レンジをリバース(後退するギア)に入れるだけで車体後方の白いライトが光ります これがバックの合図です

不必要な合図はやっちゃ駄目

不慣れなうちは行為が終わった後も合図が切れていなくて気づいてもいないってことがありますが

 運転に慣れてきたらしっかりと合図を消せるようにならなくては困ります

間違った合図は 終わった後も継続された合図は他の交通に大変迷惑です

右の合図したままずっと直進されると対向車は曲がってきそうで怖いですし 後続車はいつ速度を落と

すかわからず困ってしまいます

まして必要無いのに意味のない合図なんかはしてはいけません

警音器ってクラクションのこと

クラクションのことを警音器って言います ハンドルの真ん中押すと プーって凄い音がしますよね あれです

この警音器は音を変えることが簡単にできます キットが一万円以下で売っていて交換も簡単なため自

動車のドレスアップの最初の一歩になったりします

高音が響くフェラーリホーンや低音が渋いベンツホーンだったりするのですが これ交換すると鳴らし

たくて鳴らしたくたまらなくなってしまうんですよね

友達とスライド(すれ違った時)したときに鳴らしたり挨拶として使ってしまったりするのですがこれ

は違反です

邪魔な歩行者や自動車に対して鳴らすこともいけません 自車が止まっても危険を排除できないような

時に鳴らすものですのでおぼえておいてくださいね

相手によっては怒ってきたりしてあおり運転を引き起こしたりしますので気を付けましょう