安全な速度と車間距離

スポンサーリンク

事故になってしまう原因は色々ありますが おそらく最も多いのがスピードの出しすぎでしょう 

気づきが遅れたとしても速度さえ出すぎていなければ止まれたのにと悔やまれる事故もあります

運転に慣れれば慣れるほど危険になる速度の出し過ぎについても考えて欲しい項目です

スポンサーリンク

法定速度の意味

法定速度は法律で自動車に制限がついている速度です この自動車は何キロ以上出しちゃ駄目って速度ですね

ほとんどの車は60キロが法定速度ですが原付といわれる原動機付自転車は30キロが法定速度です

但し、高速道路は法定速度を超えて走行することが認められています 普通自動車は100キロまで出しても違反にはなりませんが注意して走行してくださいね

規制速度の意味は

法定速度は自動車に速度制限が

規制速度は道路に速度制限がついている

そう覚えて頂ければ大丈夫です 規制速度とはこの道路はこの速度まで出しても構いませんよという速度で規制されています

この時の規制速度は標識という看板や標示という道路に直接ペイントされている数字によって示されています 

㊵ ←40キロ規制なので40キロを超えて走行しては駄目です この時、法定速度を超えることもダメですので 原付は30キロを超えてはいけません

規制速度は守るんですが 意味も知ってね

規制速度㊵ 40キロの場合、40キロで走行してねって意味ではありません

40キロを超えるのは駄目だよって意味なので なんとなく歩道の自転車が恐いから30キロで走ろうと速度を落とすのはもちろん正解です

飛び出しそうな自転車がいれば 50キロ規制の道路でも徐行したりします 

超えてはいけないだけで 速度が足りないのはOKです

但し、なのも無いのに無茶苦茶ゆっくり走ったりすると余計に危険なのでやめましょう

追突されて事故になったり 遅すぎると 追い越しをしたことが無いお婆ちゃんに追い越しされたりすると恐いです

車は急に止まれない話

車は危ないって思ってから実際に止まるまでにかなりの時間と距離が必要になります

空走距離+制動距離=停止距離

空走距離とは 危ないと思ってアクセルを離してブレーキを踏み ブレーキが効きだすまでに進んでしまう距離のことです

制動距離とは ブレーキが効きだしてから止まるまでに進んでしまう距離のこと

停止距離とは 上の二つの空走距離と制動距離を足したもので 危ないと思ってから自動車が止まるまでの間に進んでしまう距離のことです

この進んでしまう距離全てが速度が速いほど止まれなくなり 距離が長くなりますので危ないです

ましてや雨が降っていて路面が濡れていたり凍っていたり タイヤがツルツルだったりすると停止距離自体は倍以上に伸びますのでより危険になってしまいます

車間距離って大切 安全な速度も大切

安全な速度って何キロでしょう?

これは難しいですよね 時と場合、間隔や歩行者の有無によって大きく変わります この時大切なことは自分が恐い速度はもちろんダメですが他の自動車や歩行者が恐いと思われない速度で走行することが大切です

これと同じで 車間距離も自分が大丈夫かだけでなく前車を運転している方が近くて恐いなと思うようでは駄目です

前車がブレーキを踏んでも当たらずに止まれる距離だと思ってしまっている教習生さんも多いですが違います

前車は万が一正面衝突した時はその場で止まります 荷物を落とすかもしれませんしドアが開いて子供が落ちてくるかもしれません

この時にも当たらずに止まれるほどの車間距離が必要になります

速度50キロで走行なら50メートルか マイナス15キロの35メートルは車間距離は最低でも必要です

道路の中央線が白線の点線の時は一本が5メートル間隔の空白も5メートルなので参考にしますが わかりにくいときは、前車が通過した目印を3秒後以上たってから自車が通過するほどの間隔があれば安心でしょう

ブレーキは難しいです

ブレーキについては

初めてのブレーキ ←こちらを参考にしてください

上手なブレーキの方法 こちらは上級者向けのブレーキの話です

練習では急ブレーキになってしまっても仕方ないと思いますが実際の運転では急ブレーキにならないように 普段からしっかりとした安全な間隔や速度で走行し

急ブレーキにならないように走ることが重要です

徐 行

徐行とは、すぐに止まれる速度でゆっくり進行することです

10キロ以下で走行とか 8キロで走ろうとか 色んな言い方したり聞くことがあると思いますがどれも正解です

危ない!って思った時にすぐに止まれることが重要

徐行しなければいけない場所があって それは

  1. 徐行の標識があるところ
  2. 左右の見通しの悪い交差点(優先道路除く)
  3. 道路の曲がり角(見通し悪い)
  4. 上り坂の頂上付近
  5. 急な下り坂

の5つです 技能教習でも実際の運転でも大切なことなのでしっかり覚えていきましょう 学科試験にも出てきます

徐行にはもう一種類気を付けることがあって それは徐行しな

ければいけない場合があるというところです

徐行しなければいけない場合

  • 歩行者の近くを通過するときで安全な間隔が取れない時
  • 道路外に出るため左折または右折する時
  • 安全地帯がある停留所で停まっている路面電車のそばを通過する時
  • 安全地帯の無い停留所で乗降客が無い路面電車のとの間に1.5メートル以上の間隔が取れる時
  • 交差点で右左折する時
  • 優先道路や幅の広い道路に進入する(入る)時
  • 小さい子供さんや体が不自由な方の通行を保護する時
  • 歩行者がいる安全地帯のそばを通行する時
  • 小さい子供が乗り降りしている通園バスのそばを通過する時

速度は恐いのに

運転に慣れてくると勝手に自分は上手になったような気になってしまいます

確かに上手になっているのですが 点数でいえば 15点だった運転が40点にあがっただけです

この時に 凄く上手になった気になり速度を出し過ぎてしまうことで恐い体験したり事故になったりしてしまいますので 少し上手になった時こそ危ないって意識しておいてください

因みに運転の上手い人は 例えばバックが上手だったり 同乗者が恐くなかったり酔わなかったり色々と上手の定義はありますが しいて言うなら

50年後に振り返ってみて事故したことが無い運転者が上手い人ですね