学科試験対策

スポンサーリンク

仮免学科試験や本免学科試験 それに付随する効果測定などでお困りのあなたに贈る

間違えやすい問題の解説ページです ぜひ活用してください

ひっかけ問題は 答えが✖になる問題が無茶苦茶多くなっていることにも注目してください

【中古】 スピード合格!普通免許早わかり問題集 NAGAOKA運転免許シリーズ/学科試験問題研究所(著者) 【中古】afb価格:440円
(2023/7/19 11:28時点)
感想(0件)
スポンサーリンク
  1. 横断歩道及び自転車横断隊の前後30メートルは追い越しが禁止されている
  2. 交差点の手前から30メートル以内の場所は停車も駐車も禁止されている
  3. 赤色の灯火の点滅信号に対面する場合 車と歩行者は停止位置で一時停止しなければならない
  4. 750キログラムを超える故障車をけん引する場合 けん引免許はなくてもけん引出来る
  5. トンネルではいかなる場合も追い越しをしてはいけない
  6. 黄色の灯火の点滅信号は 他の交通に注意して徐行しなければいけない
  7. 横断歩道とその端から10メートル以内の場所は 停車が禁止されている
  8. 下の標識のあるところでは一時停止して安全を確認しなければならない
  9. 下の標識は『車両進入禁止』の為 自転車も含むすべての車両は通行することはできない
  10. 下の標識がある道路では、自動車だけでなく自転車などの軽車両の通行も禁止されている
  11. 黄色の灯火の点滅信号では 車は徐行しなければならない
  12. 下の標識は 左折可を表している
  13. 下の標識は 追い越し禁止を意味している
  14. 下の標識は 幅員減少を意味している
  15. 横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいた時は すぐに止まれるように速度を落として通過する
  16. 歩行者のそばを車で通るときは 歩行者との間に安全な間隔をあけ 徐行しなければいけない
  17. 信号の無い横断歩道を歩行者が渡っていたが歩行者が止まってくれたので そのまま自動車で進行した
  18. 幼児の乗り降りのために止まっている通園バスをよけて通過する場合 安全の為一時停止しなければいけない

横断歩道及び自転車横断隊の前後30メートルは追い越しが禁止されている

答えは

解説  よく引っかかる方が多い問題です 横断歩道や自転車横断帯(自転車の横断歩道)の手前30メートルは追い越しも追い抜きも禁止されているのですが

この問題をよく読んでいただくとわかるかもしれませんが 前後30メートルと書かれています

前30メートルは禁止でも 後ろ30メートルは追い越ししても大丈夫という なんとも国語の問題のようなひっかけ問題です ぜひ注意してください .

交差点の手前から30メートル以内の場所は停車も駐車も禁止されている

答えは

解説  停車や駐車が禁止なのは交差点から5メートル以内です 追い越しの禁止30メートルとごっちゃになってしまうことで間違えてしまうことがあります

卒業試験では道路を走って実際に停車と駐車を一度ずつおこないます しっかり覚えて自信を持って駐停車出来るようになってください

赤色の灯火の点滅信号に対面する場合 車と歩行者は停止位置で一時停止しなければならない

答えは

自動車を含む車は赤の点滅信号は一時停止の標識と同じ意味になるため必ず止まって安全の確認が必要ですが 歩行者はほかの交通に注意して進むことが出来るため 一時停止する必要は無いという問題です 今回は問題が 車と歩行者となっているため✖

問題が自動車や自転車は一時停止しなければならないであった場合 答えはになります

750キログラムを超える故障車をけん引する場合 けん引免許はなくてもけん引出来る

答えは

解説  750キログラムを超える車をけん引する場合 けん引免許は必要です

しかし 今回の問題には750キログラムを超える 故障車 をけん引とあります 故障車の場合はかなり特別で軽自動車でダンプカーをけん引しても けん引免許は必要ありません 

故障した車を道路に放置されると困るので特別扱いされているよって覚えて頂けば大丈夫です

トンネルではいかなる場合も追い越しをしてはいけない

答えは

解説  トンネル内は追い越しが禁止されていますが車両通行帯(片側二車線以上ある道路)がある場合は追い越しをしてもかまいません

黄色の灯火の点滅信号は 他の交通に注意して徐行しなければいけない

答えは

解説  黄色の点滅信号の意味は 他の交通に注意して進むなので 止まったり徐行したりする義務は       ありません 但し 他の交通があり危険と思えば徐行したり一時停止したりしないといけません

信号のない交差点と同じように走れば大丈夫です

横断歩道とその端から10メートル以内の場所は 停車が禁止されている

答えは

解説  踏切やバス停から10メートル以内は 停車禁止で

横断歩道や交差点からは 5メートル以内が 停車禁止です

ややこしく難しいですが 技能試験の卒業検定でも停車と駐車が一度ずつありますのでしっかり覚えてください

下の標識のあるところでは一時停止して安全を確認しなければならない

 答えは

✖  

解説  この標識は 停まるときはこの線で止まってねの 線の場所を教えてくれる標識です

一時停止の標識(赤い逆三角にとまれって書いてる標識)があれば この線を超えないように一時停車しなくてはいけません

停まるときの線の場所を教えてくれるだけなので この標識だけで停まったりする必要はありません

下の標識は『車両進入禁止』の為 自転車も含むすべての車両は通行することはできない

 答えは

解説  車両進入禁止の標識なのは正解なのですが これは一方通行の出口にあることの多い標識です

こちらからは進入しないでねって意味なので 車両の通行を禁止している訳じゃないのがややこしいところで 向こうからは自転車や自動車を含む車が通行してきます

ショッピングモールなどの大きな駐車場の出口にもよくある標識ですので是非覚えておいてください

完全合格!普通免許総まとめ問題集1800[本/雑誌] / 学科試験問題研究所/著価格:1,078円
(2023/7/19 11:30時点)
感想(0件)

下の標識がある道路では、自動車だけでなく自転車などの軽車両の通行も禁止されている

答えは

解説  この標識は 車両通行止めです すべての車が通行できません

一つ上の問題の車両進入禁止と混同して覚えてしまう方が多く 問題もこの二つを間違わせようとするものがありますので注意してください

黄色の灯火の点滅信号では 車は徐行しなければならない

答えは

解説  注意して進むことが出来るので 徐行する必要はありませんが しっかり確認し 危ないかもしれないと感じたら早めに減速や徐行したり 止まったりして安全に通行します

下の標識は 左折可を表している

答えは

解説  よくある問題で この標識は一方通行です 左折可の標示板は青と白が逆になっています

左折可のイラストで 一方通行を意味しているという問題や 答えが〇になる この標識イラストで 問題が一方通行でることを意味している といった問題がでますので しっかり覚えて騙されないようにしよう

下の標識は 追い越し禁止を意味している

答えは

解説  この標識は 追い越しの為に対向車線にはみ出して通行することを禁止するって意味です

追い越し禁止の標識は この標識の下に日本語で追い越し禁止って書いています 

ハミ禁 っていったりします

なぜ二種類用意されているかというと 自転車や原付バイクを中央線はみ出さないようにしながら追い越し出来るようにするためです

せっかく普通自動車免許取得しても 原付の後ろを30キロでゆっくり走ってばかりでは嫌ですからね

下の標識は 幅員減少を意味している

答えは

解説  この標識は車線数減少の標識です 似ていますが車線が減るという意味で 幅員減少の標識は道路の幅自体が狭くなるの意味なので似ていますが明確に違います 引っかかりやすいので注意してください

横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいた時は すぐに止まれるように速度を落として通過する

答えは

解説  横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら 止まらなくてはいけません

渡るかどうかわからない歩行者がいる場合でも減速したり、止まって確認します 信号の無い横断歩道はは歩行者が優先で 我々自動車は 歩行者がいないから通らせてもらう くらいのつもりで通行しましょう

歩行者のそばを車で通るときは 歩行者との間に安全な間隔をあけ 徐行しなければいけない

答えは

解説  安全な間隔が取れるなら徐行する必要はありませんが 間隔がしっかりとれないなら徐行したり 場合によっては止まって安全を確保しましょう

信号の無い横断歩道を歩行者が渡っていたが歩行者が止まってくれたので そのまま自動車で進行した

答えは

解説  信号の無い横断歩道は歩行者が優先です 自動車は止まらなければなりません 

歩行者と意思の疎通が出来て 先に行って欲しいという意思が読み取れる以外 絶対に進んではいけません

幼児の乗り降りのために止まっている通園バスをよけて通過する場合 安全の為一時停止しなければいけない

答えは

解説  難しい問題なのですが安全の為に一度止まって安全確認することはいいことですが しなければいけないとは決まっていません  

この場合 しなければいけないのは徐行です 徐行して注意しながら通過するのが正しい答えです