初めての坂道の通行と坂道発進

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂道の通行のしかた

自動車学校の坂道は短いですし 丘のようになっていますが練習で使う分には十分です

自転車に乗ったことのある方は解りやすいと思いますが 自動車でも坂を上るためには勢いをつけた状態で坂道を登っていきましょう

MT車の方は 前もってギアを落として(低速ギアにして)おくことが大切です

坂の途中でギアチェンジするのは大変ですし難しいと思います 最初は前もってギアチェンジしておきましょう

下りは 速度が上がりすぎることになります 実際の道路では長い下り坂もありますので速度が上がりすぎないように下る練習をしていきます

特にAT車はエンジンブレーキが弱く 速度がドンドン上がっていき危険ですのでしっかりブレーキを使って速度をコントロール出来るようにしましょう

坂道の停止時の注意点

上り坂での停止

上り坂は重力によって後ろに引っ張られる力が働きます その為止まるときには強めのブレーキですぐに停止してしまい 急停止になってしまいやすいので注意が必要です

注意点

  • アクセルを戻したり弱めたりしすぎるとすぐに速度が落ちること
  • 弱いブレーキデモ止まれること
  • 止まった後 ブレーキを弱めると下がってしまう

特に止まった後 ブレーキを緩めてしまうとAT車であっても逆行(下がる)ことになるので止まってからしっかりブレーキを踏んでおきましょう

下り坂での停止

下り坂では前方向に重力によって引っ張られる力が働きます 平地の時よりも強めのブレーキが必要になります

  • アクセルを踏まなくても加速してしまう
  • 停めるためには平地よりも強いブレーキが必要
  • 止まった後もブレーキはしっかり踏んでいないと進んでしまうことがある
  • 下り始めは道路が見えなくて恐いと感じる

前に進む力が働くため なかなか止まらない事を体験してください 実際教習で使っている教習車はセダンタイプが多く車重が1500キロ前後のものが多いです

1500キロの重力が働くことになりますので 前に引っ張られる感覚になるでしょう

坂道発進の時 後方の安全確認は絶対に

坂道発進は修了検定(仮免許の技能試験)で必ず行うことになりますのでしっかり練習して出来るようになりましょう

坂道発進で一番大切なこと

自動車の後ろに歩行者や自動車が無いか確認すること  

です 後方の確認といいます 自動車の運転全てに言えることですが安全の確認は凄く大切です 

何故なら 

失敗してもやり直せば良いが 確認忘れて誰かが居た場合取り返しがつかないからです

絶対に後方の安全確認出来るようになってください

AT車な場合 坂道発進自体は 少し多めにアクセルを踏むだけで失敗無くすぐに出来るようになるでしょうが」MT車は難しいです

サイドブレーキをしっかり使い下がらないようにして アクセル強めにしてクラッチを上げて半クラッチにしましょう 

すると自動車は前に進もうとしますがサイドブレーキのせいで進めません しっかり前進しそうになった時にサイドブレーキを解除することで坂道発進しやすくなります

難しいMT車での坂道発進

坂道発進のMT車でのコツは

前進しそうになってからサイドブレーキ解除

これにつきますが難しいんですよね サイドブレーキ効かせたまま発進させて前に進みたいけどサイドブレーキのせいで進まないって状態に出来るようになったら 慌てずにサイドブレーキを解除していきましょう

教習生さんのよくある失敗では座席の合わせ方が甘いためにサイドブレーキ解除しようとするときにクラッチも一緒に踏んでしまってせっかく前進しようとしていたのにクラッチを踏んだことで前進せずに下がってしまって慌ててエンストしたり 下がりすぎて減点や失格になってしまうことがあります

偶然出来ても なるほど!こういうことか! ってなるまで教習指導員にもう一回坂道発進やりたいですって直談判してくださいね

教習指導員はやる気のある教習生さんは大好きです