カーブを曲がるコツ 初めてのハンドル操作

スポンサーリンク

自動車が前に進むようになったら 次は曲がってみましょう

マリオカートをゲーセンでやったことのある方は最初からハンドルを使って自動車を思った通り動かせる教習生さんもいますし

グランツーリスモが好きで最初から滅茶苦茶上手にハンドルを使える方もいらっしゃいます

しかし初めてハンドルを触るかたには どれくらい回すとタイヤがどのくらい角度がついて どのように自動車が曲がりだすのか見当もつきません 自転車のようにタイヤが見えませんので仕方ないと思います

道路からはみだしても大丈夫ですので沢山失敗してくださいね

ハンドルを使って自動車を曲がるようにするコツは

スポンサーリンク

カーブを曲がるためには

教習所のコースで外周と呼ばれる一番外側の道路をグルグル回って走るときのカーブですと

ハンドルをだいたい半分ほど回転するだけで曲がることが出来ます ほとんどの教習生さんはハンドルを回しすぎてしまうことが多いです

ハンドル半分回すだけだと少しずつしか曲がらないため不安に思うことになりますが 自動車には死角と呼ばれる見えないところが多く 実際ボンネットいうエンジンルームが邪魔で運転席から道路が4メートル程見えないだけで実際には道路はありますので安心してください

少しずつ時間をかけて ふんわりとカーブを曲がるイメージで道路の真ん中の線(中央線)に近すぎないようにしましょう

ハンドルは回すのはすぐになれますが ハンドルを戻すのは難しいです なるべく遠くを見ながら車道(道路の中央線の左側)の真ん中になるように少しずつハンドルを戻していきましょう

左折(合図を出して左に曲がって違う道路に)するときの注意点

カーブはなるべく回す量を少なくし 半分くらい回しゆっくりふんわり曲がりたいですが 左折は違います

速度は絶対にしっかり落としましょう

学科でも習いますが右左折は徐行(10キロ以下)と決まっています なぜなら難しいですし 実際の道路では歩行者や自転車、原付 対向車など気を付けることが沢山あります

特に最初の練習ではゆっくりの速度でハンドルの操作に慣れて欲しいです

しっかり速度が落とせたら合図を出しハンドルを回していきましょう ハンドルは左に一周半 右に一周半 合計三回転しか回せません 左に全部(一回転半)回すこともありますし 一回転で足りることもありますが 沢山回すことになります

左折でも曲がりながら遠くをみて 曲がった先の道路の真ん中になるようにハンドルを戻していきましょう

コツは 少し早めにハンドルを戻し始めて あと少しでまっすぐになりそうな時には ハンドルもあと少しでまっすぐになりそうなところまで戻しておくことです

最後のあと少しでまっすぐになるところは ハンドルも少ししか回ってない状態にしておくことで曲がりすぎを防げるのでおススメ

右折(合図を出して右に曲がって違う道路に)するときの注意点

右折での注意点はやはり対向車の存在です

実際の道路では大きなトラックなども対向車にありますので十分気を付けましょう

合図を出して対向車が無いことをしっかり確認出来たら やはり速度はしっかり落とします 右折時は大きめに回るのが理想です 曲がった先での対向車との距離を取るためです

交差点の中央付近に矢印がありますので 助手席が矢印の上を通るような気持ちでしっかり中央に寄って大きく右折しましょう

実際の道路での右折はすごく難しいですが 最初の右折は曲がった後 中央線の左に入れればOKくらいの気楽な感じで練習していきましょう

狭い場所でのハンドルの注意点

先ほども少し触れましたが ほとんどの普通自動車はハンドルは左に一周半 右に一周半 合計三回転しか回せません

どのくらいハンドルを回したかわからなくなってしまうことがあると思いますが 回したのと同じ量 戻すことになります

ハンドルがまっすぐになっているいるか 少し進んでみることで分かるようになって欲しいです ハンドルはまっすぐに見えるけど 進んでみると左に行く場合はハンドルを右に一回転回すことでまっすぐに戻せます 参考にしてください